crefus金沢校

2019.06.13
ブログ

マインクラフトでプログラミングをしよう!

こんにちは。クレファス 金沢の松田です。

 

今回は、教室の生徒さんに大人気!マインクラフトについて書きたいと思います。

 

休み時間や授業の待ち時間は、YouTubeの動画を楽しんでいる生徒さんが多いです。

何の動画を見ているのかと覗くと、どの子もゲーム実況動画を見ているようです。

最近の人気は、

  • マインクラフト
  • フォートナイト

の2択でしょうか。

低学年には、にゃんこ大戦争も人気なようです。

 

ゲーム自体にはあまり興味のない私ですが、実は前から気になっていたものがあります。

 

それは、「マインクラフトプログラミング」です。

 

みんなが楽しそうに動画を見ているので興味本位で調べみたのですが、

思ってた以上にマインクラフトは面白そう…。

最近は自宅PCでマインクラフトを始めようかと本気で考えています。

 

マインクラフトプログラミングを始めるために調べたことをまとめていきたいと思います。

 

マインクラフト

 

 

マインクラフト(Minecraft)は、日本では「マイクラ」の相性で親しまれているサンドボックスゲームです。サンドボックスゲームとは、ゲームの進行に関わるタスクやクエストが存在せず、プレイヤーが自由に目標や目的を持ってゲームを進行していくことができるゲームデザインことを指します。マインクラフトはサンドボックスゲームとして、大変有名なゲームです。

 

マインクラフトの世界では、1m×1m×1mの立方体のブロックで構成されており、自由な形で建造物等を制作・配置・破壊ができるため、想像力豊かな子供に大人気のゲームです。

「遊ぶ人によって楽しみ方は無限大!」これがマインクラフトの最大の魅力だと思います。

 

マインクラフトとプログラミング

 

マインクラフトはゲームだけでなくプログラミングもできることを知っていましたか?

マインクラフトのプログラミングでは、オリジナルブロックを作成しゲーム内の世界を作り替えていくためのプログラムを作成します。

アイディアとプログラミング次第で、かなり自由にいろんなものが作れてしまうかも…。

 

2020年から小学校でのプログラミングが必修化となりますが、プログラミング教育ではコーディングを学ぶのではありません。

プログラミングの必修化は、プログラミング的思考を身につけることを目的としています。

 

子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育むことであり、コーディングを覚えることが目的ではない。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/122/attach/1372525.htm

文部科学省:学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

 

マインクラフトは、ゴールを自分で設定しそれに向かってゲームを進めていく創造性や問題解決力に繋がると言われています。

また、ゲーム内に存在するブロックの種類は多く、それぞれのブロックの組み合わせを考える力は理系脳を作ると言われています。

自由度の高いマインクラフトは、思考力を育てる点でプログラミングととても相性がいいと考えられています。

 

マインクラフトプログラミングを始めよう!

 

一言でマインクラフトプログラミングといっても、実はマインクラフトでプログラミングをする方法はたくさんあります。

 

  • マインクラフトのゲームの世界観を取り入れたプログラミング学習アプリを使用する
  • マインクラフトのゲームにもともと含まれている要素を使ってプログラミング学習をする
  • マインクラフトと他のソフト(MOD等)を連携してプログラミング学習をする

 

今回はたくさんあるマインクラフトのプログラミングの中でも小学生のお子さんにオススメのMicrosoft MakeCode for Minecraft を紹介したいと思います。

 

Microsoft MakeCode for Minecraft で遊ぼう

 

 

Microsoft MakeCode for Minecraft(マイクロソフト・メイク・コード・フォー・マインクラフト)はマイクロソフト社が無料で公開しているソフトウェアです。

名前が長いので以下、MakeCodeと略します。

Windows10のパソコンを持っている人であれば子供のプログラミング学習教材に、大変オススメです。ポイントとしては、

 

  • インターネットに接続できるパソコンとマインクラフトがあれば他には料金がかからない
  • 導入が簡単。難しい設定は必要なし
  • 子供に大人気のマイクラで学べる
  • ビジュアルプログラミングだけではなく、JavaScriptの学習にもつながる。

 

MakeCodeはスクラッチなどと同様なビジュアルプログラミングの学習環境です。

命令を作るためのブロックを組み合わせて、プログラムを作ります。

作ったプログラムは、命令としてエージェントに与え、いろんな作業をさせることができます。

エージェントとは、MakeCodeとマインクラフトを接続すると現れる小さなロボットです。

MakeCodeでは、プログラムを作成しエージェントに指示を出すことで仕事をさせることができます。

 

MakeCodeの優れている点は、ビジュアルプログラミングで書かれたプログラムをボタン一つでJavaScriptで書かれたコードに変換できることです。

 

ブロックを組み合わせて作ったコードがJavaScriptではどのように記述されているかを見ることができるため、お子様だけでなく大人までプログラムの勉強ができる環境となっています。

 

Microsoft MakeCode for Minecraft の始め方をざっくり説明

 

詳しく説明したいところですが、私もまだ使ったことがないので…ご了承ください。

  1. マインクラフトがインストールされたパソコンを準備します。
    マインクラフトがインストールされていない場合はインストールしてください。https://minecraft.makecode.com/setup
  2. Code Connectionをインストールする。
    https://minecraft.makecode.com/setup/minecraft-windows10
  3. マインクラフトで新しい世界をチートをオンにして作る
  4. マインクラフトとCode Connectionを接続する
  5. Microsoft MakeCode for Minecraftでプロジェクトを作りプログラミングをする
  6. マインクラフトで動作確認をする

ざっと見ましたが、設定も簡単そうですね。

マインクラフトのプログラミングは、他にもJavaやPython、Rubyといったプログラミング言語の学習も可能ですので、機会があれば紹介したいと思います。

人気の記事