crefus金沢校

2019.06.05
ブログ

アフレル ロボット動画コンテストとは!?

お世話になります。

暑いこの季節はNクールシリーズの製品に圧倒的信頼感を置いている山本です。

先月末は運動会や百万石まつりと多くの方々がバタバタと過ごされたのではないでしょうか?

私山本は金沢在住6年目ですが百万石まつりに行ったことがなく、、、

「今年こそは絶対に行く!」と毎年イクイク詐欺を繰り返してきました。(そして今年も行っていません。)

祭りに行かなくなるかどうかが、子供と大人の境界線だと思っています。。

自分の子供ができたりすれば、また行くようになるものなのでしょうか、、、謎です。。

 

アフレル ロボット動画コンテストに出てみよう!

そして今回は誰でも気軽に参加できるコンテストのお話です。

今年5月に行われたコンテストにはクレファスの生徒も参加しました。

興味がある方は是非1度読んでみてください。

 

アフレルとは??

そもそもアフレルとは何でしょうか?

アフレルは福井に本社を置く、教育版LEGOマインドストームの正規販売代理店です。

高学年が使用しているマインドストームEV3に限らず、低学年の授業でも使用しているWeDo2.0やロボットを走らせるコースなど幅広く扱っています。

・アフレルホームページ→https://afrel.co.jp/

・コンテスト概要ページ→https://ev-3.net/movcontest_no4/

↑マインドストームEV3

 

↑WeDo2.0

 

そしてロボット動画コンテストはこのアフレルが定期的に開催しているコンテストです。

 

コンテスト参加方法

まず毎回コンテストごとにテーマが決められます。

今回は4回目の開催でテーマは「未来の家」でした。

(前回は「魔法」というテーマでした。)

 

テーマをもとに自分でアイデアを出し、それをロボットで作り上げ、プログラミングで動かします。

EV3部門とWeDo2.0部門に分かれているのでどちらかのキットを持っていれば参加可能です。

また3個までキットを使用してもいいため、かなりの大作に仕上げることも可能です。

 

今回のクレファスの生徒であれば、色を読み取るセンサーを用いてかざすカードキーの色によって異なる部屋に自動で連れて行ってくれる「全自動セキュリティハウス」を作成しました。

なぜセキュリティかというと黒色のキーをかざすと偽物のキー(泥棒)と判断し、この場合部屋に運ばれるのではなく、もう1台のロボットに運ばれ刑務所に連れていかれます。

 

このように自分で「未来の家がどうなってほしいか」などを想像し、それを実現させるようにロボットやプログラミングを施します。

今回のほかの参加者の作品であれば、地震の揺れを吸収し、津波が来た場合は家ごと移動して災害から逃れる「車型の家」や、海の中に住むことができる家などとても面白いものがたくさんありました。

※気になる方は下のページより見てみてください。

ロボット動画コンテスト作品→https://ev-3.net/movcontestno4/#article

 

そしてこのロボットやプログラミングで動く様子を動画でおさめプレゼンテーションをし、90秒以内に編集してYouTubeに挙げることで応募が完了します。もちろんプライベートを守るため「限定公開」設定です。

今回は生徒に作品を頑張ってもらい、私が動画編集を協力しました。

山本YouTuberデビューです( ´∀` )

 

最近では無料のアプリなど誰でも簡単に動画編集などが行えるツールがあるので比較的ハードルは低めです。

また、インターネットだけで完結してしまうので、どこかに出向いたりといった手間やお金もかからないのが大きな魅力です。

 

コンテストの賞品

そしてここからは少しいやらしい話になりますが、、、

コンテストなので上位に入ればもちろん賞品がもらえます。

グランプリに輝くとEV3の基本セットがもらえるという何とも太っ腹な特典です。(1名)

また準グランプリには中学生ぐらいから使用する拡張パーツセット(2名)がもらえます。

ここまでは審査員の判断なのですが、一般投票賞というのもあり、応募された動画がアフレルのホームページで一定期間公開され閲覧者が「いいね」をつけることができるのですが、この「いいね」の数が多い上位5名に図書券500円分が進呈されます。

また参加賞として全員にオリジナルステッカーも配られます。

 

次回コンテストはいつ??

現在、第4回コンテストの審査期間中であり、次回コンテストの詳細はまだ発表されていません。

しかし、過去のコンテストの日程などを見ているとおそらく、今年の秋or冬ごろには次の5回大会が開催されるのではないかと個人的に予想しています。

また次のコンテストの詳細が決まりましたらブログでお知らせしたいと思います。

 

作品を作ったけど「動画編集やYouTubeへのアップロード方法がよくわからない、、」という方は是非山本にお声かけを!

全力でサポートさせていただきます!

 

作品を作るだけでなく、作品紹介等によりプレゼンテーションのいい経験にもなると思うので是非1度参加してみてはいかがでしょうか?

それでは!!

人気の記事