crefus金沢校

2018.11.29
ブログ

ストロータワー作りがチームビルディングに最適な理由

ストロータワーという遊びを知っていますか?

いや、もはやストロータワーは遊びの域を超えて人間の人格形成に欠かせない総合能力開発のアクティビティになっているといっても過言ではないでしょう。

ストロータワーは社内のコミュニケーションの活性化を図ったり、PDCA実施のための研修によく使われています。

 

今回はそんなストロータワーについてご紹介します。

ストロータワーとは?

まずはこちらの画像を見てください!

これはストローだけで作られたタワーです。

ストロータワーとはこのようにストローを組み合わせてタワーを作る単純なものです。

ストロータワーで得られる効果

ストロータワーは3〜5名のチーム制で行います。

どんなタワーにすればいいのか?設計はどうするのか?部品はどうやって使うかなど話し合いが活発に行われます。

この話し合いによって、各メンバーが意見を出し合ってまとめ、一つのものを作り上げます。

もちろんスムーズにタワーができるとは限りません。

途中で倒れたり、新しいアイディアが思いついたりとやってみるといろいろなハプニングも発生します。

そういったことに臨機応変に対応し、タワーを高く作っていきます。

試行錯誤をして完成したストロータワーを見ると達成感を味合うことができます。

ストロータワーをやってみよう

ストロータワーに興味を持ってもらえたと思います。

実際にストロータワーをするための具体的な方法や必要なものを紹介します。

ストロータワーのルール

ルールは単純明快です。

制限時間内に、ストローをつなげて高いタワーを作ればいい!

たったこれだけのルールですが、不思議と参加者は大いに盛り上がってしまいます。

  • 制限時間:60分〜90分
  • ストロー:20本〜30本
  • 1チーム:3名〜5名
  • 判定ポイント:タワーに振れずに5秒間自立すること

参加者の人数や参加者の属性に合わせて最適なルールで実施してください。

ストロータワーに必要な道具

  • ストロー20〜30本(一人分)
  • セロハンテープ
  • はさみ

ストロ−タワーに必要な道具はたったこれだけ。

全て百均で揃えることができます。

ダイソーでもセリアでもキャンドゥでもOKです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ストロータワーは身近な道具でできる至高のチームビルディングです。

しかし、作り出されるタワーは無限の可能性があります。

各チームごとに同じものはなく、メンバーの思いが詰まっています。

ぜひ挑戦してみてくださいね。

人気の記事