crefus金沢校

2018.09.13
ブログ

LEGO製ロボットプログラミング教材 WeDo2.0を買った方がいい3つの理由

こんにちは!山本です。

 

現在クレファス金沢校では1,2年生にはWeDo2.0
3年生以上の生徒にはMINDSTORMS EV3 というレゴのキットを用いて授業を行っています。

その中でも特に私が気に入っているのが低学年で使用するWeDo2.0です。

 

そこで今回は低学年の生徒が
使用しているWeDo2.0とはどういうものか、またおすすめポイントなどを説明していきます。

まず簡単にWeDo2.0の紹介です。

 

【WeDo2.0とは】

 

価格:24,000円(税抜き)

 

内容:レゴブロック、スマートハブ、タイヤ、モーター、センサー等

 

特徴:プログラムを入れ実際にモーターに指示を出すスマートハブ(人間でいう脳です)や、目などの役割を果たすセンサーなど、私たちが良く知っているレゴには見られない部品がたくさん入っています。

 

使い方:ブロックでロボットを作る⇒WeDo2.0のアプリをiPad、PCなどにダウンロードしてプログラムを作る(もちろん無料です)

⇒プログラムをいじるなど動かし方は無限大!!

 

・ギアと滑車

車を動かすなど動力を伝えることができる

 

・スマートハブ(左)、センサー(右)

 

多くの方が値段を見て「高い!」と思われたのではないでしょうか??
しかし、毎日のようにこのキットをいじっている私からすれば
「むしろ安い!!家庭に1つは購入すべき!!(大袈裟)」と思ってしまいます。

 

私にここまで言わしめてしまうWeDo2.0の魅力とは何なのか??

その答えを3つにまとめてみました!!

購入を迷っている方必見です!!!

 

① 最高のコスパ

ん??どういうことでしょうか??
まず皆さんが良くお使いになっているであろうアプリ「メルカリ」でWeDo2.0を検索してみてください。

中古品であるにもかかわらずほとんど新品の値段と変わらないものばかりではないですか??
つまり、元がいいから結局売るときも高く売れる原理です。ブランド品と同じですね。
多くの人からその価値を認められている証拠です。

 

なので、購入する⇒1年間ぐらいで遊びまくる⇒ほぼ購入時と変わらない値段で売る。
という全く費用をかけずに楽しめるという裏技も存在します。
(こんなこと言ってたら販売会社の人に怒られそうですが、、、)

しかし、おそらく1年間も遊べばその価値に気づいてしまうため売ることができなくなるかもしれません。。

 

 

② できることが多すぎる

普通のレゴブロックであればお城なり、スターウォーズの舞台なり1度作ってしまえばほとんどそこで
終わりですよね。

しかし、WeDo2.0は普通のレゴにはあまり見られない形のパーツ(軸、ギア、コネクタ、ビーム等)がたくさん入っているので組み合わせ次第で何通りものロボットを作ることができます。

 

 

またYoutube等にも様々な作り方が随時アップされているので日々新しいものを作ることができます。

作り方が無くても自分で考えることでオリジナルの文字通りオンリーワンのロボットを製作することが可能です。

 

体験授業などをしていると子供だけでなく、そのお父さんやお母さんがドはまりしてしてしまう
所以でもあります。

 

③ 実際にモノを動かせるので飽きない

これが一番大きなおすすめポイントです。
現在、家庭で気軽にできる子供用プログラミングといえば「scratch」や「code.org」といったものが
一般的です。
フリーソフトなので初期費用0で誰でも気軽に楽しめることがメリットです。

 

しかし、実際に体験した私の感想としては
「はじめは面白いけどすぐに飽きる!!」です。
私は1時間を過ぎたぐらいでもういいやとなってしまいました(笑)

 

プログラムで画面の中のキャラクターを動かすものですが、画面の中だけで完結してしまうのでいまいち実感が
わかないというか、、、何かを作っているという感覚があまり刺激されません。
ただ画面の中でキャラクターを動かして「はい、終了」という感じです。

もちろんもっとできることはたくさんあるのでしょう。
1時間しかやってないのでその先を知りませんが、もっとやれば面白くなるのかもしれません。

 

しかし、大人の私が1時間で飽きるということは、、子供はもっと早い段階で飽きが来ると思います!!
どれだけできることが多くても、楽しいという初めのとっかかりをなくしてしまえば、
それ以上やろうというやる気を失ってしまいますよね。

 

一プログラミングを教えているものとして一番怖いのがここです。
子供のやる気を引き出させるにはいかに子供を楽しませることができるかというところが重要です。

その子供のワクワク感をそそり、興味を持ってもらうという点においてこのWeDo2.0は最強だと
思っています。

 

WeDo2.0はプログラミングを行うことで実際に自分が作ったものを目の前で動かすことができます。

例えば車を作ったとします。普通のレゴブロックであれば手で動かすだけです。

しかし、WeDo2.0はモーターを用いて自律的に動くことができる車を作れます。

 

実際に自分が作ったものを自分の好きなように動かせるという実感がすぐに感じれるので
面白くないという方がおかしいぐらいです。

 

フリーソフトは取っ掛かりとしては便利かもしれません。
しかし、子供にプログラミングの楽しさを実感してほしい、長く続けてほしいということであればWeDo2.0を一つ買ってみて

いじり倒してみるのもありだと思います。

 

 

【クレファス金沢校での作品】

ここでクレファス金沢校のWeDo2.0を使った作品を簡単に紹介します。

 

・トルネードマンと扇風機

 

・メリーゴーランド(ギアをうまく用いることで、一つのモーターで、回転しながら上下運動をするという2つの動きを可能にしています)

 

・ワニ(動きを感知するセンサーとプログラムを組むことで、口の中に手を入れると噛みついてくるワニ。。危険です。。)

 

・トレジャーハントロボット

ロボットを制御することで床に置かれたブロックを回収するゲーム

多く取れた人が勝ちなどオリジナルのゲームなどを作って楽しむこともできます。

 

クレファスでは実際にこれらのものを作ってもらいプログラミングで動かしてもらっています。

 

まとめ

 

WeDo2.0は最強のプログラミング教材である!!

 

高学年向けのEV3はモーターやセンサーの数なども増え、できることも格段に増えますが値段もWeDo2.0の倍以上するのでいきなり挑戦するにはハードルが少し高めです。

大学の授業で使われるなどやり込み要素が高い中級者向けのキットと言えます。

そのためまずは1回試してみて、プログラミングの楽しさを体感してみたいという方にはWeDo2.0を強くお勧めしています。

この記事を読んで興味を持たれた方は自分で購入してみるのもよし、クレファスで一緒に学ぶのもよしです。

 

クレファスでは私たち講師がロボット製作、プログラミングの基本から数学、科学の知識まで、時には子供たちとロボットを用いたゲームを行うなど一緒に楽しみながら様々なことを学んでもらっています。

 

いきなりの入会は不安!!
という方は説明会と合わせた無料体験会も行っているので是非お気軽にご応募下さい。
それでは!!

 

無料体験授業のお申し込み

 

人気の記事