crefus金沢校

2018.05.25
ブログ

電子書籍のメリット、デメリットを考えてみた

 

こんにちは!

みなさん本は読まれますか?

この間実家に帰省する際、バスや電車に乗っている時に紙で本を読んでいる人が結構多いのにびっくりしました。

 

なぜなら私は

生粋の電子書籍派だからです!!

もはやなぜ紙媒体で本を読むのか全く理解できません(笑)

私は基本的にブックライブでしか本を買っていません。

そこで今回は電子書籍で本を読むことのメリット、デメリットを考えていきたいと思います!

あくまで私見です。偏見が凄いのでご容赦ください(笑)

 

電子書籍のメリット

①そもそも定価が安い

電子書籍の方が基本的に紙媒体のものより1割、2割安いです。

紙の費用が掛からないからなのでしょうが、この違いはたまに本を読む程度の人なら大きな違いにはなりませんが、日常的に読む人にとってはかなり大きな違いだと思います。

また、定期的にキャンペーンをやっているので定価の半額で買えたり、無料で読める場合もあります。

最近で言うと、4月1日のエイプリルフールの日には、全品20%引きで何冊でも買っても良いという企画でした。

嘘じゃないですよ(笑)

 

②どこでも読める

紙媒体のものでもどこでも読めるだろという反論も帰ってきますが、圧倒的に電子書籍の方が便利です。

最近はほとんどの人が携帯を持って歩いていますよね。外出するときの必須アイテムです。

つまり、ポケット一個分のサイズで何百冊という量を持ち歩けます。

本であればカバンが必要になったり2冊以上持っていくとかさばって本当に邪魔です。

 

また私はよく寝る前にベッドで本を読むのですが、片手で読めるというのも大きいです。

紙のものだと両手ですよね。

しかも、本を読みながらラインの返信ができたり圧倒的に楽です。本と携帯を持ち帰る必要がありませんから。

 

③ゴミが出ない究極のエコ

一回読んだ本て基本的に読まないですよね。

また読むかもと置いておいても結局読まないのが人間です。

コンプリート癖がある人は別ですが特にそうでないのならば邪魔でしかないです。

電子書籍にすれば、捨てるという概念もないので、断捨離する必要もありません。

ちなみに私は新聞も電子版のものを利用しています。

 

電子書籍のデメリット

 

①物によっては読みづらいものがある

つい先日ブックライブで会社四季報を買いました。(2000円ぐらい?私にとっては結構大きな買い物です。)

そこで読んでみると、、なんとまあ読みづらい、、、

四季報などは文字が小さいので本でも結構苦労しますが携帯の画面だと小さすぎて読めません。。

そのため何回もピンチアウトしなければなりません。

ピンチアウトすると読みやすくなるのですが、全体を通して見れないため何回も拡大と縮小をして読まなければなりません。

また見開きページも右側と左側でページが違うので何回も左右にスワイプして読まなければなりません。

あまりにストレスだったので1日で読むのをやめてしまいました(;´Д`) お金がもったいない。。

はじめから紙のものを買っておけばよかったと後悔しました。

英世には申し訳ないことをしました。。

 

②書き込みができない

タブレット端末などであればペンを使って書き込む人もいますが、携帯に書き込む人はなかなかいませんよね。

画面が小さいのと、書くとしたら指なので非常に書きづらいです。

そのため書き込んで使うことの多い学習系の単語帳や文法の本、辞書などは紙媒体の方が優れていると感じます。

 

 

最後に、私が考える紙の究極のメリットを書いておきます。

それは、、、

寝るときに顔の上に置くと寝やすい

これですね。。紙の匂いというか、マイナスイオンが半端じゃなく放出されている気がします。安眠効果は抜群でしょう。

 

今回は電子書籍のメリット、デメリットについて書いてみました。

本屋に行かなくてもすぐに購入することができるので非常に楽ですよ。

興味があれば一度試してみてはいかがでしょうか。

それでは。

 

 

人気の記事