crefus金沢校

2018.04.10
ブログ

宇多田ヒカル離婚!

 
はい。タイトルの通り今回は

全くプログラミングや教育に関係ありません(笑)

授業がお休みだったので、先生も少し息抜きのための記事です。
興味がなかったら全然読み飛ばしていただいても構いませんよ!
 
タイトルの通り今回の事件は相当衝撃的なものでした。
なぜなら、、、
 

私が宇多田ヒカルさんの大ファンだからですね!

人の不幸は蜜の味ではありませんが、ついに私にもチャンスが回ってきたか!!と思いましたよ。
まあおそらく宇多田さんは私のことなど眼中にないのでしょうが、、、
4年前、宇多田さんが結婚したと知った時は相当落ち込みました(T-T)
 
なので今日は宇多田ヒカルさんの良さを語っていきたいと思いますよ!
完全に私の為の企画です。
 
 

圧倒的な才能

 宇多田ヒカルさんと言えば15歳の時にリリースした「automatic」で一躍有名になりましたよね。
ソファの前で踊りながら歌っているあれです。
 
そして3枚目のシングル「First love」で人気を不動のものにしました。
なにがすごいって歌詞ですよ!(歌唱力ももちろんすごいです)
 
15歳の時に作った歌の出だしが
「最後のキスはタバコのflavorがした」
ですよ?
タバコを吸うということはかなり年上の人との恋愛。。しかも15歳。。
「どんだけませてんねん!!」
と思いましたよ。
なぜその若さでそんな歌詞が書けるのか??
才能だなと思いました。
 
私が15歳の時と言えば、、
女の子にちょっかい出すので精一杯でしたね。。
 
 
 

人間性

 ご存知かもしれませんが宇多田さんは元々アメリカに住んでいました。
しかも、中退こそしているもののハーバードやスタンフォードと肩を並べる名門コロンビア大学の出身です。
頭もいいんですね。
英語もペラペラです。
 
アメリカの大学はペーパーテストだけの日本と違い、入学するためには、成績や人柄、ボランティア活動など、かなり人間性を重視します。
ただ勉強ができればいいと言う訳ではありません。それほど高い人間力が試されます。
 
 そしてテトリスマニアらしいです(笑)
私も相当テトリスはやりこんでましたが、宇多田さんはテトリスの開発者と一勝一敗と互角に戦えるほどです。
 
あんなに大人びた歌詞を書くのに、オタク要素まで持ち合わせている。。
まさにギャップ萌えってやつですね。。
 
このように

宇多田ヒカルさんて中々個性が強くて面白いかたなんですよ。

歌手でありながら、かなり多方面で活躍されています。
 
いかがでしたでしょうか。
今日は宇多田ヒカルさんの良さについて語らしていただきました。
 
まだまだ話せるのですがこれ以上書くと本当に終わらなさそうなのでやめておきます。
興味がある人がいたら語り合いましょう。
いつでもお待ちしております!
 

人気の記事