crefus金沢校

2018.04.08
ブログ

「こだわり」は武器

こんにちは!山本です!

実は私、子供にも負けないものがあります。
それは、、

【マクドナルドへの愛情】です。

関西圏出身なので呼び方は「マクド」派です(笑)
金沢の人と行くとみんな「マック」と呼ぶので肩身がせまい思いをしています。
1日1回行くことは基本で週10のマクドも珍しくありません。(最近かまどやに流れつつありますが、、)
今年に入ってから既に100回は行っています。
メニューなどは一切見る必要がないぐらい網羅しています。
慣れすぎているため注文する時も
「てりやきセット、サイドはナゲット、ソースはダブルで、コークはゼロ!」
とラッパーの様に若干韻を踏んでしまいます。
しかもめちゃくちゃ言うのが早いので、
おそらく5年以上マクドナルドで働いているベテランクラスにならないと私の注文を1回で聞き取ることは不可能です。
自称「プロマクドナルダー」で、
「マクドナルド症候群」にかかっています(完全に私の造語です)。
しかし、私と同じようにマクドナルドをこよなく愛する人がアメリカにもいます。
それは、、、

ウォーレン・バフェットです。

知っていますか?
株式投資で莫大な資産を築きあげ、ビルゲイツやザッカーバーグなどと並ぶ世界でも有数の資産家です。
投資の世界では神的存在です。
株式投資をやっていてバフェットを知らない人は恐らくいないでしょう。
そんなバフェットも毎朝マクドナルドを食べるという愛好家です。
その理由は、思考の簡略化なんですね。
いちいち食べる物を決めるのに悩むのが煩わしい。
そのような無駄に悩む時間を極力生活から排除するという超合理的な人です。
スティーブ・ジョブズが毎日同じ服を着ているのと同じことですよね。
無駄な時間を配慮して自分に向いている分野であったり、自分がしたい物事に集中しているのです∑(゚Д゚)
このように何かの分野で大きく成功する人というのは、普通の人にはない「強いこだわり」があります。
千鳥のノブに言わせれば「クセがスゴイ!!」
って感じです笑
私も周りの人から健康に悪いからファストフードばっかり食べるのは良くないと言われますが
「バフェットもそうしている」
という言い訳で自分を正当化しています( ˘ω˘ )
つまり「強いこだわり」は「武器」である。
ですよね?
強いこだわりは周りの人から一歩抜け出すための大きな武器となりえます。
子供達の「強いこだわり」を抑えつけ、周りに合わさせるのではなく、あえて伸ばしてあげるのも大事なことだと思いますよ!
それでは!

人気の記事