crefus金沢校

2018.04.07
ブログ

思考力を伸ばしたいならポケモンをしろ!

 

こんにちは!

今日は私がある説を持ってきました。

それはずばり

 

考える力をつけるならポケモンまじで最強説です。

ポケモンはみなさん知っていますよね?

日本人で知らない人はほぼいないと思われる名作ゲームです。

このポケモンというゲーム、実はかなり頭を使うゲームです。

 

一応説明しておくと、ポケモンのルールは育てたモンスター6体でパーティー(チーム)を組み、相手プレイヤーのモンスターと戦わせるゲームです。

相手と自分のターンが交互に来るため、そのつど技を選択し戦います。

 

ポケモンにはそれぞれ属性があり弱点があります。

例えばご存知「ピカチュウ」

ピカチュウは電気タイプです。

なので水タイプのポケモンを出すと瞬殺されます笑

水タイプの弱点は電気です。(感電するからですね。)

 

逆に水タイプは火タイプに強いです。

当然ですよね?

 

技にしても威力の高い技は命中率が低いです。

一発逆転に賭けたい時は命中率が低くても威力の高い技を使います。このように状況に応じていくつもの選択肢から技を決めるわけです。正直かなり悩みますよ。

 

またポケモンそれぞれには能力値があります。

攻撃力、防御力、スピード、体力などです。

とくこう(特殊攻撃)やとくぼう(特殊防御)などはマニアックなので省きますm(._.)m

攻撃力が高いモンスターは反面体力が少ないなどのデメリットがあります。

 

これらのように様々な特性などを考え、相手に負けないようにバランスのとれたチームを組むわけです。

この時点でかなりの労力。。

しかもそこから技をかけあいバトルします。

 

数ある選択肢の中から一番最適な行動をポケモンにとらせる、、

プログラミングとも通じるものがあると思いませんでしたか?

 

さらにさらに

ポケモンって大人でもやってる人が多いんですよ( ゚Д゚)

僕がいた大学にもポケサー(ポケモンサークル)がありました。

 

その存在を聞いたときは

「大学生にもなってポケモン、、お前らまじか!!(笑)」

とかなり舐めていました。

 

しかし少し覗いてみると、、

僕の想像の5倍ぐらいの人がいました(;´Д`)

しかも話を聞いてみると、個体値や努力値など聞きなれない単語ばかり。

 

とても同じ日本語とは思えないレベルで意味が分かりません(笑)

本気になった大人ほど怖いものはないと痛感しました。

 

説明によると先ほど説明した、属性や技の相性などが通じるのは子供だけで

大人は育て方にもかなりこだわっています。

育て方の違いにより若干ポケモンの強さが変わるらしいです。

例えば能力値の式は

 

能力値={(種族値×2+個体値+努力値÷4)×レベル÷100+5}×性格補正

 

らしいです( ゚Д゚)

大の大人がこれをカリカリ計算してやっているんですよ?やばくないですか?(笑)

 

しかし、物事を極めていくと必ずそういうところにぶち当たります。

 

100m走るのに15秒で走る人と9秒台で走る人の0.01秒が持つ意味は全く違いますよね?

ポケモンもそれと同じでより高いレベルの相手に勝とうとするとほんのわずかな(もうほんとの本当に微々たるぐらいの)差が勝敗を分けます。

 

もはや将棋やチェスのようにゲームを超えた究極の頭脳戦です!!

 

このようにたかがゲーム、されどゲームなわけで必ずしもゲームは子供にとって悪いこととは言い切れないと思いますよ!

家でも、ゲームばかりする子供をむやみに叱るのではなく、子供の力を伸ばせるゲームがあるということも理解して、

ゲームとのつきあわせ方を考えてみてはいかがでしょうか?

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の記事