crefus金沢校

2016.09.30
教室のこと

クレファス金沢校では、プログラミング教室を知りたい親子へ無料体験会を開催しています。

プログラミング教室ってなに?

うちの息子でもできるのかな?

プログラムができると今後役に立つとはいうけど、なんだかハードルが高そう。

 

そんな疑問質問を解決するために、クレファス金沢校では無料体験会を毎日開催しています。

開催時間は希望に併せて、オーダーメイドでご用意いたします。

もちろん無料です。費用は一切頂きません。執拗な勧誘も致しません。

ただし、出席は親子でお願いします。そして、精一杯楽しんで下さい。楽しかったら、楽しいと言って下さい。

そんな体験会をご用意しています。

 

クレファス金沢校の無料体験会は低学年のお子様へは【錯覚】について体験します。

体験会の内容を少しだけご紹介します。

逃げる黒い点

黒い点を数えて下さい。

%e9%8c%af%e8%a6%9a%e5%ae%9f%e9%a8%93-6

出典:http://buzzmag.jp/archives/3250

AとBは同じ色

AとBは同じ色です。信じられない人は下の絵を見て下さい。

%e9%8c%af%e8%a6%9a%e5%ae%9f%e9%a8%93-14

出典:http://buzzmag.jp/archives/3250

大きさが変わる

転がすと大きくなったり小さくなったりします。

%e9%8c%af%e8%a6%9a%e5%ae%9f%e9%a8%93-21

出典:http://buzzmag.jp/archives/3250

入り組んだ線

斜めに入り組んでいるように見えますが、5秒見つめて下さい。

%e9%8c%af%e8%a6%9a%e5%ae%9f%e9%a8%93-11

出典:http://buzzmag.jp/archives/3250

オレンジの円の大きさ

オレンジの円が2つありますが、どちらの円が大きいと思いますか?

%e9%8c%af%e8%a6%9a%e5%ae%9f%e9%a8%93-22

出典:http://buzzmag.jp/archives/3250

錯覚って不思議ですね。

でもコレだと、ふーん。で終わっちゃいます。

そこで、私たちは気が付きました。

もっと感動を与えよう!

ということで、クレファス金沢校では簡単な錯覚実験キットをレゴを使って作り、それを体験してもらいます。

錯覚については理解した。次はレゴで作ってみよう

例えば、料理を考えてみましょう。

クックパッドを眺めるだけの人はいません。やはり、料理は作って食べることに醍醐味がある。そして感動する。

レシピをみるよりも実際に作ってみることが大切。作ることで、レシピも覚えられます。

同じようにクレファスではレゴを使って、作って体験し感動してもらうカリキュラムになっています。

img_2360

まずは、こちら!低学年向けのレゴWeDo2.0です。これを使ってコマをつくります。

img_2363

簡単にできましたね。

img_2364

このナゾの円盤が我々を錯覚の世界へ案内します。

そして感動を提供してくれます。

見ると、丸い紙に白と黒で色分けされています。

これは「ベンハムのコマ」と呼ばれるもので、回すと色がついてみえるものです。

img_2362

これをさっき作ったコマにこのようにセットします。

そして、回す!

すると、なんということでしょう~。

色がついて見えます!どんな色になるかは、体験会できてやってみて下さい。

 

しかし、まだまだ早いです。ここだけじゃ終わらないのがクレファスです。

クレファスではギアを使ってコマブレードも作っちゃいます。

コマはどうやって回しますか?

手で回る人もいれば、ヒモを使って回す人もいるでしょう。

クレファスではギアを使って回します。

img_2361

こんなギアがたくさんあります。

img_2316

ギアをこうやってセットする。

ギアの特性は、回転スピードを調整できることです。

駆動用のギアを1回転させると、末端では100回転させることもできます。

 

こうやって、今まで習ってきたことを応用することで子どもたちの才能をグングン引き出すことができるのがクレファスです。

普通の学習塾とは違います。

無料体験会へおこしくださいませ。

人気の記事