crefus金沢校

2016.09.29
教室のこと

クレファス金沢校で使用する小学校低学年向け教材は、初心者でも簡単に組み立てることができます。

クレファスの生徒は年長の子どもから中学生まで幅広く受け入れています。指導方法も学年に応じて違っていて、年長から小学校2年生までは集団授業です。一方で、小学校3年生以上は自立型授業といって、各自が課題をもって取り組む指導方法を行っています。これもクレファスの特徴的な指導方法です。

教材も学年によって使うものが変わってきます。

今回は年長から小学校2年生が使う教材をご紹介します。

レゴ®エデュケーションWeDo2.0™はカラフルな色のレゴブロックです。

まずは、写真を御覧ください。

img_2354

これが使用する教材です。高学年向けと何が違うのか??比較してみましょう。

img_2313

これが高学年向け。

違いは色です。

 

中身はどう違うのか?

img_2355

これは低学年用。

img_2241

これは高学年用。

やっぱり色。

だけじゃありません。

パーツも種類も違っているし、種類も簡単なものが多いですね。

 

高学年向け教材EV3の詳細な情報はこちら

 

しかし、低学年用教材にはとても簡単になっているものがあります。

レゴ®エデュケーションWeDo2.0には片付けしやすいようにラベルが貼ってある

img_2360

よこから見るとこんなかんじ。これは、高学年向け教材EV3にはありません。

みなさんレゴ®はお持ちですか?

どうやって片付けていますか?

私もそうですが、大体は付属のバケツとか100均のプラケースのなかに、ごちゃまぜじゃないですか。

あれだと、目的のパーツを見つけることが難しいですよね。

しかも、床にばらまかれようものなら、忍者がつかう秘密道具「まきびし」状態です。

それが、解決されています。

さすがのレゴ® 社。

さすがデンマーク。

 

レゴ®エデュケーションWeDo2.0のパーツは高性能。とりあえずリフトをつくれました。

パーツのご紹介です。

まずは、頭脳となる制御パーツ。

img_2356

・・・

 

・・・かんおけ???

 

ちょっと!

 

かんおけじゃありません!!

この中にプログラムを転送して動かします。

とっても大事なパーツ。

しかも、プログラムの転送はBluetooth(ブルートゥース)でします。

無線です。

無線で転送するので制作する机の上がとてもスッキリします。

高性能なかんおけです。

img_2357

もちろんタイヤもあります。タイヤがあればモータに接続して、ガンガン動かせます。ギアを使えば、高速仕様でもトルク仕様でもどちらもできます。

img_2329

こっちは高学年向け教材マインドストームEV3のタイヤ。

低学年向けは小ぶりでかわいいですね。

img_2361

クレファスといえばギア。

ギアといえばクレファス。

こちらがWeDo2.0のギアです。基本的にはマインドストームEV3とおなじです。

 

ということで、一旦作りました。

img_2359

じゃじゃん!

リフトです。

 

仕様はこんな感じ

  • 前進+後進
  • リフトの上下運動
  • 上限センサ搭載
  • 最大積載量:500グラム

しかし、これを改造すれば、1000グラムでも2000グラムでもできます。どうやってやるかは、子どもたちの発想次第です。

 

レゴってすごいですね。

なんでもできますね。

 

 

これを回すと何色になる?グレーと思った方は必見!

次回は大人気講座「錯覚ってなに?」をご案内。

img_2363

こんなコマを作って。

img_2364

これを作って。

img_2365

これを取り付けて。

 

回す。

 

何色になるでしょうか??

人気の記事