crefus金沢校

2017.01.17
教室のこと

【クレファスvsヒューマンアカデミー】小学生に習い事をさせるにはどっちがオススメ?金沢のロボット教室比較

金沢市にはいくつかの小学生向けロボット教室があります。小学生の子どもにロボット教室に通わせようと思ったら、クレファス金沢かヒューマンアカデミーの2つでをお悩みではないでしょうか。

今回は、クレファス金沢校とヒューマンアカデミーロボット教室を比較しました。ポジショントークにならないように客観的なデータを元に比較しています。

クレファス金沢校

基本情報

クレファス金沢校は、全国50校近く展開しているクレファスの金沢校です。

クレファス金沢校

 

石川県金沢市駅西本町3丁目14−24 オネストビル2階

授業スケジュール

  • 授業開催日 火曜日〜土曜日
  • 授業回数 月4回
  • 1回90分

運営元

株式会社キャリアドットコム

コース紹介

学年に併せて4つのコースを用意してあります。

  • ジュニアエリートコース(〜小学校2年)
  • ブロンズコース(小学校3年)
  • シルバーコース(小学校4年)
  • ゴールドコース(小学校5年〜)

授業の進め方

授業はワークシートを使って、1回で1コマを完結します。90分の授業の中で、ものの動き方を理解し、それを応用したロボット製作とプログラミングを行います。

ロボットは専用のテキストに従って、製作します。製作したロボットにプログラミングを行い、テスト動作を行います。授業のテーマに従って、より早く、より強く、よりかっこよくロボットを改造します。

また、単元によっては発表会を行います。ポスターを使って子ども達が作ったロボットの工夫したところや魅力を発表します。

教材費と授業料

  • 入会金 16,000円(2017年3月まで無料)
  • 教材費 52,000円
  • 月謝 15,000円
  • テキスト代 1,000円

教材について

レゴ社が開発したロボットキットであるマインドストームEV3を使います。全世界で有名なレゴ社から販売されているため、ブロックの精度や強度は極めて高い。一度教材を購入すれば、コースが変わっても使うためコストパフォーマンスは非常に高い。

マインドストームEV3を使ったロボット作成例

ヒューマンアカデミーIIP金沢示野校

基本情報

ヒューマンアカデミーIIP金沢示野校は、資格取得につよい資格校「ヒューマンアカデミー」のロボット教室です。

石川県金沢市戸板西1丁目155番地 イオンタウン示野イースト棟

授業スケジュール

  • 授業開催日 第2第4土曜日 午前10:30~ / 午後14:00~
  • 授業回数 月2回(1回90分)

運営元

株式会社アイ・アイ・ピー金沢

コース紹介

学年に併せて4つのコースを用意してあります。

  • プライマリーコース(未就学児)
  • ベーシックコース(小学生)
  • ミドルコース(ベーシックコース完了者のみ)
  • アドバンスコース(ミドルコース完了者のみ)

授業の進め方

ロボット教室のプログラムは2回の授業で1体のロボットを製作します。

1回目は基本製作といって、テキストを見ながらロボットを組み立てます。試行錯誤しながら製作する過程で、ものの動き方を学びます。

2回目は応用・実践を行います。1回目の基本製作で作ったロボットを改造します。もっと早く走らせるためには?もっと強くするためには?などの課題に応じてオリジナル仕様に改造します。動力の仕組みやてこ、摩擦などの理系の知識を深めます。

教材費と授業料

  • 入会金 10,000円
  • 教材費 28,500円
  • 月謝 9,000円
  • テキスト代 500円

教材について

ヒューマンアカデミーが開発したオリジナルのキットを使用します。クレファスのレゴと同じように、作っては壊して自由に製作します。

まとめ

クレファス金沢校とヒューマンアカデミーIIP金沢示野校を比較しました。

  クレファス金沢校 ヒューマンアカデミーIIP校
入会費用  16,000円(キャンペーン中は無料) 10,000円
月謝  16,000円 9,500円
授業回数  月4回 月2回 
授業時間  90分 90分 
対象年齢  5歳以上 5歳以上 
教材  レゴ社が開発したマインドストームEV3を使う オリジナルの教材を使う 

大きな違いは、授業回数と使用教材です。

クレファスは月に4回授業を行うのに対して、ヒューマンアカデミーは月に2回の授業です。それによって、月謝も大きく違っています。

教材についてはクレファス金沢校はレゴ社ブランドの教材を使うのに対して、ヒューマンアカデミーは自社製のオリジナル教材を使用します。そのため、教材費で大きく差が開いています。

どっちを選べばいいかは、回数を中心に考えると良いです。さすがに2週に1回だと、能力開発には結びつきにくいと思います。子どもの性格と、お母さん・お父さんの本気度で考えると良いです。

人気の記事