crefus金沢校

2016.12.15
ブログ

クレファス金沢校の先生がロボットプログラミング教室に通う子どもたちに驚かされていること

クレファス金沢校が開校したのは2016年10月です。アルプラザ金沢への出張プログラミング教室の開催や、クレファス金沢校での無料体験講座を通して、今日までたくさんの子どもに接することができました。

ロボットプログラミング教室の授業を習っている子ども達に共通することとして、感じたことを紹介します。

ロボットプログラミング教室での子どもの成長を感じた所

子どもは物をつくることが大好き

img_2403

毎回の授業でロボットを作って、プログラミングを行います。レゴを使ってロボットを作っている様子はとても楽しそうです。歌を歌いながらプログラムを作っている子どもや、独り言をつぶやきながらプログラミングをしている子どももいます。

授業時間は90分ですが、いつも時間ギリギリまでプログラムをしています。タイムスケジュールを考えている先生たちも毎回の授業では焦っています。

子どもはこだわりを持った自分だけの世界を持っている

img_2582

子どもそれぞれに性格があるように、完成されたロボットもそれぞれに性格を持っています。作り手である子どもたちのこだわるポイントや工夫する箇所が違うので、毎回見ていて楽しいです。

美的感覚に優れた子どもはロボットの配色や対象性にこだわります。

実利を重要視する子どもは、ロボットの操作性と性能にこだわりを持ちます。

ベースは同じロボットでも、改造を加えていくと、最終的には全く違ったロボットになります。

子どもは自分の成長を見てほしい

yuki86_syukudaiganbaru15150305_tp_v

「先生みてー!」という言葉をよく聞きます。子どもは自分で作ったロボットやプログラムを自慢しにやってきます。ほんの30分前まではプログラムについて知らなかった子どもが、自慢しに先生のところにやってきます。
「それは先生が教えたことだよ。」と内心では思いながら、子どもたちの成長を感じています。

プログラミングは初めてでの子どもでも簡単にできる。

img_2543

クレファス金沢に問い合わせを受ける内容で最も多い内容は、

「プログラミングをやったことがありません。初心者の子どもでもできますか?」です。

これについては、自信を持って答えられます。

「安心してください!できます!」

しかも、たったの30分でできます。

クレファス金沢では小学校3年生から本格的なプログラミングを行います。もちろんパソコンを使ってのプログラミングです。開始直後はパソコンの使い方もわからない子どもたちが、30分後にはパソコンの操作画面を使いこなし、自由にプログラミングをしています。毎回、子どもたちの吸収力には驚かされます。

まとめ

クレファス金沢校の先生がロボットプログラミング教室に通う子どもたちに驚かされていることをご紹介してきました。

子どもたちは純粋で素直な心を持っています。ロボットプログラミング教室でもスイミングでもピアノでも空手でも全ての習い事に共通して言えると思いますが、子どもはすぐに覚えます。脳が発達途中にあるので、新しい情報を上手く整理することができるのでしょう。

ロボットプログラミング教室を運営している立場からすると、習い事にロボットプログラミングを選択肢てもらえるといいのですが、きっと習い事はなんでもいいと思います。

ロボットプログラミングの特徴としては、手を動かしてロボットを作り、頭で考えプログラムを設計し、それを具体化して動かすこと。更には、考えたプログラムを修正しパワーアップさせるので向上心を持たせることが子どもにとってあたえる良い影響と思います。

子どもの成長を見ることはとても楽しいです。私も子どもに負けないようにインプットを欠かさずに勉強していきます。

人気の記事