crefus金沢校

2016.11.22
ブログ

習い事に困ったらこれ!子ども向けプログラミング学習

最近ではプログラミング学習が学校教育で義務化されるかもしれないというニュースが話題となりました。確かに未来のことを考えると子どもにプログラミングを早い段階から学習させることは日本にとっても良い影響をあたえると考えられます。お子様に何か習い事をさせたいけれども、何が良いか悩んでいる親御さんの皆様はこの機会にプログラミングを学べる教室に通うことを検討されてはいかがでしょうか。

急激に増えてきた子供向けプログラミング教室

img_2417

数年前ではプログラミング教室という言葉すらあまり聞かず、そういった技術の習得は専門学校や大学に行くか、独学で書籍などから学ぶ形態がまだ一般的でした。また数は多くないものの存在したプログラミング教室も対象は子どもではなく、趣味でプログラミングを体験したりするためのものが大半であったと認識しています。

しかし、ここ数年ではそういった大人向けのプログラミング教室から子ども向けのプログラミング教室に業界全体がシフトしてきたような印象が強くあります。

その背景としましてはこれから日本が強みを持っていく分野としてITを推進していたり、冒頭でも述べたように学校教育の一部としてプログラミングを取り入れていこうとする動きがあるからだと考えられます。

このような背景を受けて近年新しく増えてきたプログラミング教室は大半が子ども向けのものとなっており、ただ単にプログラミングをするのではなくロボットなどの実際に動くものを使うなど子どもの興味をより引き立てるような工夫がされています。

子どもの思考能力を高める

プログラミング教室では通常の学習塾などと同じように、まずは先生からの解説がありそれをもとに自分で考えてプログラミングしてみるという形態が一般的です。この自分で考えてプログラミングをしてみるという行為は子どもの思考能力を高めるために有用であると考えられています。

特にプログラミングのような自分で作ったものが作ったそのまま動く、逆に言えば間違ったものを作ってしまえば動かないという環境では子どもの論理的思考能力が向上するといわれています。

またプログラミングは必ずしも同じ解にたどり着く訳ではなく、複数の実装方法があることも多々あります。この幅広い回答の作り方も子どもの発想力を引き立てるのに一役買っている印象があります。

プログラミング教室であることの利点

yuki86_syukudaiganbaru15150305_tp_v

家庭学習ではなくてプログラミング教室に通う利点は大雑把ですが以下のようになります。

  • プロから学ぶことが出来る
  • 一人ではなく複数人でものづくりをする経験が出来る
  • 高額な設備などを買わなくとも教室で貸してもらえる

といったことが挙げられるでしょう。

特に教養ではなくプログラミングは専門分野であるため、家庭だけで親と子どもが一緒に勉強していくというのはなかなか難しい部分があります。またプログラミングを作る上で本には書かれていないけど知っておいたほうが良いお作法といったものも存在しています。そういったことは初期の段階で身につけておくに越したことはありませんのでまずはプログラミング教室で学んでしまうことが重要です。

加えて実際に学生になってプログラミングをしていたり社会人になってもプログラミングを続けていると、一人ではなく複数人で大きなものを作るという形態が普通になってきます。これを見据えて子供の時から他人と一緒にプログラミングをしてみて、それらを合わせると一つの大きなものが出来るという経験は積んでおくに越したことはないでしょう。

未来で役立てるシステムエンジニアを目指す

%e6%96%b0%e8%81%9e%e8%a8%98%e4%ba%8b%ef%bd%9c%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b9_2016_10_03

この記事を読まれた方の中には、「子どもの習い事にプログラミング!?」という印象を持たれた方も居るはずです。

これは当たり前のことで、数年前でもプログラミングを学ぶということはあまり考えられませんでした。

 

しかし、今は時代が変わっています。

 

子供の時からプログラミングを学んでおいた方が良い時代になっています。現に韓国では小学校でプログラミングを教えているなど日本は一歩遅れている部分があるかもしれません。これからITの分野はもっと拡大していきます。そんな業界で役立てる子どもに育てるためにも一度プログラミング教室への参加を検討されてはいかがでしょうか。

人気の記事